大阪 お好み焼きhananoatoホーム見出し

お好み焼き

小麦粉をだし汁で溶く。
これが大阪風お好み焼きの常識です。
このだし汁に加えられる隠し味が、店や家庭によって違う個性を生むのです。
タネには山芋を入れてふんわり感を出し、ふんだんに盛ったキャベツと天カスでサクサク感を楽しみます。
焼き加減が命となるため、店では客に焼かせない所も多いといいます。
異は牛肉や魚介類などをのせてコージャスにするのもいいのですが、やはり素朴な味わいの豚玉が一番人気です。
そもそもお好み焼きの歴史は、昭和初期に駄菓子屋で売られた洋食焼きに端を発しています。
1銭で買えるがら一銭洋食″。
これはメリケン粉(小麦粉)を水で溶き、ネギやちくわなどをのせて焼き、2つ折りにしたものでした。
この洋食焼きを、当時の甘党屋が女性向けに名前を変えて売りだしたのが お好み焼き=@なのです。 戦後もこうした店が結構残り、やがて大阪庶民の食文化として現在のお好み焼きスタイルを確立したのでした。